1級2級管工事のコツ

給水のトンボ配管がダメなのか図解8点【初心者向】

 

給水のトンボ配管って
1級管工事にも撞木(しゅもく)配管で出てくるけど
いったい何がダメなの?

という方向けへの記事となります。

はじめに結論

  • 水の流れに悪影響を与える配管方法なのでトンボ撞木配管はNGです

 

上取りや地獄配管など配管にはNG行為などが多くありますが、

今回は「給水のトンボ配管」について詳しく解説します。

NGなやってはいけない配管なので覚えておくと設備建築人としての

信頼も上がります。

☑無料で公開してます、みてみませんか?

ネットの微妙な情報だけで施工監理していませんか?

いまさら周りにきけないし、施工で失敗もしたくない

そんなあなたに基礎からベテランまで使える情報を紹介しています

>>無料紹介ページ

この記事では

  • トンボ撞木配管がなぜダメなのか図で簡単にすぐ理解できる
  • 図解付きでわかりやすい

 

本記事の内容

  • 撞木配管()はこんなかんじ
  • 行き止まりが圧力損失を増やす
  • 流れの悪い配管ができる
  • チーズと2エルボと1エルボで対処
  • 流れがよくなる
  • 余談(主流、分流、配管べからずは把握しとくといい)

 

撞木配管はこんなかんじ

基本的な水の流れ

配管があります(給水)

配管があります。

水が流れます

下から上とします。

 

行き止まりが圧力損失を増やす

NGな継ぎ手の使い方

こんなかんじで継ぎ手チーズ(ティー)を使うと

 

流れの悪い配管ができる

 

流れの悪い配管ができます

 

 

こんな感じで、乱流がおきて圧力損失が大きくなります

※ようは流れが悪くなるねという意味

これを

撞木配管(しゅもく)

とか

トンボ配管

とか

「どんチー」

とかいいます。

給水ではダメですが

スプリンクラーはOKです

(おそらく非常時の初期消火のみに使われるため)

 

まとめ

特に同時に水を使う環境では水の出る条件を配管により悪くしている状態

 

トンボ配管は流れが悪くなるからやめよう
トンボ配管はしゅもく撞木配管とも言う

 

チーズと2エルボと1エルボで対処

じゃあどうするの?という話ですが

チーズを横向きで使い

分流側(えだ)は2つのエルボ継ぎ手

片方は1つのエルボ継ぎ手で対応します

鬼(だめ)社長!おまえ!継ぎ手多いとかねかかんだおー?

 

流れがよくなる

 

すると流れがよくなります。

 

余談(主流、分流、配管べからずは把握しとくといい)

チーズはメインを「とおし」とか「主流」とかいいます

エダは「分流」とかいいます

別の名 設計よりの名 給水での太さ 使う部材
主管 メイン管 直流 太い チーズ継ぎ手
枝管 エダ 分流 細い

設計では

チーズ継手のことを

主流と分流の圧力損失(あつりょくそんしつ)

を「直管換算長」(ちょっかんかんさんちょう)

※真っ直ぐに直すとこのくらいの圧力の

損失(抵抗)があるという意味です

と水理計算でも

必要で出てきます。

なので撞木配管の場合計算がそもそもできない

なぜならそういう配管が存在しないから

撞木配管圧力損失の計算自体配管自体存在しないので計算不可と

なります。

施工では

 

  • 30ー20で30とおしのチーズ

とか言われます。

まあ20通しの30エダのチーズは先太配管なんで

部材自体存在しないのもそういう理由からです

なのでどーんとチーズがぶつかるチーズの使い方は基本ないよね

という話でした。

 

結構べからず系は配管の施工がわからないとできないもので

座学だとキツイですけど、基本的なことは設計施工見積問わず

必要な世界と思われます。

関連す記事もありますのでよろしければどうぞ

鳥居配管回避できないとき何を?空気溜り上勾配と空気弁 鳥居配管?なにそれ? という方向けへの記事となります。 ☑無料で公開して...

 

配管工事のトラブルを減らすためにも

NG配管は覚えておくといいでしょう。

あと一覧にもべからず集を追加しました、最近買ったんですが、

これは基礎的なことだけど今の分断ワールドでは必須だなと思いました

こういった地味ですが間違えると怪我の大きい知恵はこういった

べからず集などで学習しておくといいです

ここなどで書いています。

設備の本でおすすめ10選【初心者からベテランまで】  という方向けへの記事となります。 はじめに結論 amazon ...

関連記事

【2級管工事コツ】2級管工事勉強方法2冊解き暗記帳を見聞きだけ紙での申し込みは1000円で買わないといけない という疑問にお答えします。 1級の時のサ...
PR
サイト内検索できます
関連記事です