サイト内検索できます
建築設備機械設備全般

GX管のライナがわからん!ポイント4つ【初心者向け】

 

GX管とかあるらしいけど施工性UPはいいが
なんかいろいろカタカナでてきて
わかんないんだけど

という方向けへの記事となります。

はじめに結論

  • 異形→直管のときライナを使う(例外あり)
  • リンクはGもPも切管(きりかん)からのはなし
  • Pは直管→直管
  • Gは直管→異形管

この記事では

  • ライナについて理解できます
  • PリンクGリンクについて理解できます
  • GXになってなにが便利かについてわかります

 

本記事の内容

  • ライナとはなにか
  • 抜けにくくするためのアイテム
  • 図だとどうなる?
  • GXメリットざっくり

 

ライナとはなにか

主な役割
ライナ:伸縮かとう性はもたない離脱防止継手となる

設置個所

  • 異形管→直管受け口
  • 直管→直管 AND 一体化範囲内(長いとき)

参照URL

https://www.jdpa.gr.jp/qa/basic/search/search_29.html

 

設置位置パーツ構成施工順序

どうやら直管受け口につける

  • ライナボード(プラ?)
  • ライナ(金属?)
  • 図だとどうなる?

の2つのパーツ構成で

まって直管受け口って?

ちょんぎった管(ぼうずかん)(きりかん)がささる側(受け側)のこと

ライナにはライナボードとライナがあるらしいけど順番は

 

 

ライナボード→ライナ

の順

ライナを設置するパターン

いったいどんなときにライナが必要なのか?

異形挿し口を直管受け口に差す際に必要

直管の受け口に指す

ケースとして

  • 異形管→直管
  • 割T→直管の直管の受け口側
  • 曲げ管22°とか→直管の直管の受け口側
  • 直管→直管 原則不要(長さで規定)

 

ただし例外として「一体化長さの範囲外の場合ライナを使用

一体化長さ範囲外の場合使用

一体化長さ計算ソフト

一覧表とソフトがある

https://www.jdpa.gr.jp/material/design-support/soft/index.html

 

抜けにくくするためのアイテム

ライナボードの向きははテーパー(山)があるほうが奥

 

 

図だとどうなる?

三角形+四角形で三角形が下流側

ず 

 

ライナを使うと三角形が塗りつぶしになって図示される

ライナを使用している直管受け口の▲マークが塗りつぶされていること
□ライナを使用している直管受け口の△マークが塗りつぶしないではないこと

あんま自信ないから詳細読んでね

引用ここから
GX形ダクタイル鉄管管路の設計
引用URL https://www.jdpa.gr.jp/download/gx/T57_gx_202102.pdf

GX形異形管の挿し口に接合する直管の受口および一体化長さの範囲内にくる直管の受
口には、必ずライナを使用して離脱防止継手にする必要がある。ライナを使用したGX形直管の
継手は伸縮性、可とう性をもたない離脱防止継手である。鎖構造管路では、水圧による不平均力
で異形管部が移動することを防止するため、その前後の必要な範囲をこれらの離脱防止継手で一体化する

 

引用ここまで

  • 乙字→S弁 ライナなし
  • 22度→直管受け口 ライナあり
  • 割T→直管受け口 ライナあり

 

地震がきて本管どおしがガチャついても抜けないように施工しようね

の超細かい話ですね。

次の疑問

Q:「なんでS弁につなぐときはライナなしか」

A:「直管でないから

 

□異形管→直管受け口の際にライナを使用していること
□直管→直管受け口の際に「一体化長さの範囲外」の場合ライナを使用していること

GX管の〇に△のポンプみたいなマークがわからん!

GリンクがPリンクわからん!

  • P:切管→直管.
  • G:切管→異形管

 

  • ライナは異形→直管で角度ついたり異形だから抜けやすいの防止する
  • GリンクPリンクは挿す側が切管だから抜けやすいの防止する

んで

  • Gは受け口が異形
  • Pが受け口側が直管

となる

Pリンク動画

 

Gリンク動画

 

図表としては

  • ●が二個(Gリンク:切管×異形管のとき)
  • ●  ●

が縦になったかんじ

 

んでGとか書かれている

  • P:切管→直管

では●マークは×(いらない)

 

Pリンクがわからん!

G:切管→異形管

Pリンク
□切管→直管時にPリンクが使用されていること
□切管→直管時にPリンクが使用されていないこと

Gリンク
□切管→異形管にGリンクが使用されていること
□切管→異形管にGリンクが使用されていないこと

図Gリンク

図Pリンク

 

ライナどうやってつないでんの?

クボタさんの動画でお勉強しましょう。

参照URL

https://www.kubota.co.jp/product/ironpipe/support/faq.html

 

 

なんで?ライナとかPリンクとかGリンクとかあるの?

切管の施工性向上かと思われます

ようはPGライナで切管用の道具でその場で

部材をはめ込むので、以前は切管を現場で

加工する処理する時間が必要だったので

覚えるのは多少コツがいるけどトータルで施工性は

部材を加工+はめ込む

から

部材を事前に用意+はめ込む

になったので施工時間は短縮されるということです。

※当該水道事業者の施工基準や呼び径やメーカーの基準もあるので施工時はそちらの確認をしましょう

 

GXメリットざっくり

挿口加工少なくなった

GPライナで切管ユニット化

ゴム輪が変わり3分の1の力での接続可能に

接合用工具(レバーホイスト)が1台で可能

参照URL
https://www.jdpa.gr.jp/download/journal_page/jdpa_091_024.pdf

 

GXの前のNSの時代の切管加工

結構大変ですね、これ、掘削した穴の中でやってたんですね。

GXのPやGやライナの

切管ユニットで半メカニカル接合

となったわけですね

 

関連記事です

設備の学び方【完全版β】 設備で衛生とか水道屋さんとかなにしているかわからない!どこから勉強したらいいの?学習って大変じゃない? そんなかたへ設備の学び...

 

関連記事です