ポエム

吐水口空間を英語で言うと「AIR GAP」[えあぎゃっ!]だろう

吐水口空間を英語でいうとなんというのかね
WATER DRAINING SPACE TO STOP BACK FLOW
かね?しらんけど

という方への記事となります。

この記事では

  • アメリカの配管ルール本がわかる
  • アメリカの配管ルールPDFが見れる

 

本記事の内容

  • メリケンの配管の本のたぶんこれという英語が知れるA:AIR GAP
  • G先生の翻訳をしれるSPUT SPACE

NSPCメリケンの配管の本のたぶんこれという英語が知れるA:AIR GAP

なんか設備手帖

みてたらASNPC ASA A40 8-1955

に通気のこと書いてるからよろしく

 

的なものがあり、調べてみたらついでに出てきたNSPC。

american standard national plumbing code

なんかメリケンの配管のコード?らしく

 

https://www.iapmo.org/

というサイトが出てきた

 

IAPMO

がなにかわからないけど。

設備配管っぽいことの団体みたい。

そこに

こんどは

National Standard Plumbing Code (NSPC) – IAPMO

といいうのもでてきた。

これがHTML5?てきなLIXILとかのおしゃんカタログ形式で

ずらずら出てくる。

それに記載されているのは

(といか設備手帖クリソツw)

のP10の22-23ページ目の左上の図

引用URL:https://epubs.iapmo.org/NSPC/2021/

引用ここから

引用ここまで

 

まあAIRGAPでいいかと(えあぎゃっぷ)ね

吐水口空間とか

表現方杉、頭はいらなさすぎ

英語のほうが単純で伝わる怪

ASPEという団体もあるらしくG先生がいろんなメリケン団体

を教えてくれた。

すいどうとか

https://www.awwa.org/

防火とかもありますね

いろいろ

設備手帖風味なの暇な3月とか見るのもいいかもです。

G先生の翻訳をしれるSPUT SPACE

GOOGLE先生

だとSPUT SPACE

スパウトスペースだそうです

個人的にはAIRGAPが好きです、なんか北海道のFM局みたいでいいです。

まだあるのか?

DEEPGLの翻訳だとSPUTSPACE OUTLETSPACEだそうです

DEEPGLも優秀なんですが

なんがG先生とあんまり変わりませんね

DEEPGL

専門用語がAIRGAPなのか

一般的なことばがSPUTSPACEなのか微妙です。

配管屋さんではAIRGAPが一般用語でも

一般人ではSPUTSPACEなのかもしれませんし

日本語でも一般人と専門家で

知っている言葉と意味の深さ解釈の

線引きというかそういう部分の違いかもしれません。

関連記事で英語でいうとシリーズもみてみてください

水道工事(水道設備)英語での違い【簡単】 水道屋を英語でいうとなんていうの? という方向けの記事となります。 A:...

 

サイト内検索できます
関連記事です