消防設備士甲1類

スプリンクラーヘッドの離隔距離(水平)300mm450mm

 

街中でスプリンクラーヘッドを見るが、

大体がフラッシュ型となる。

たまにフレーム型、マルチ型を見るが、

大体は古い建物のケースか多い。

やっぱりこの距離の基準あったけどなんだっけ?

 

 

という方向けの記事となります。

この記事では

  • スプリンクラーヘッドの離隔がわかる

はじめに結論

  • 基準と距離を覚えるしかない!

エアコン天井壁散水障害対策として

  • 通常ヘッド下端から450mm
  • ヘッド芯から左右300mmは離隔を儲けている

本記事の内容

  • スプリンクラーヘッドの離隔距離は種類による
  • 壁、天井からの離隔は30センチ

スプリンクラーヘッドの離隔距離は種類による

ただ、

フラッシュ型の1型

フラッシュ型の2型

かと問われても

よくわからないというレベルですし、

ましてや

小型区間型

では?

離隔(一般) 水平距離(地下街

準地下街

厨房)

水平距離(その他)
標準型 1.7m 2.1m
小型区画型 2.4m 2.6m
フラッシュ1型
フラッシュ2型

 

などと言う区別もできない。

建物の用途で判断もまだできていない。

そうか、小型区画型は共同住宅やホテルの

宿泊室になるから、

ビル地下などで見るのは

通常なフラッシュ型の1.2型なのだろう。

小型区画型は2.6メートルの水平距離、フラッシュ型は部材の形状であり、

小型区画型はヘッドの種別区分だから

並列で考えてはいけない、小型区画型とは別に標準型があり、

小型区画型ヘッド、標準型ヘッドと言うほうがよさそう。

標準型ヘッドの防火対象物が地下街、

準地下街の場合は厨房では

水平距離が1.7メートルだが、

その他の部分は2.1メートルなので、

2.3メートルより小さい水平距離が決め

られているので、百貨店などのエスカレーターでみる
スプリンクラーより、

狭い間隔でスプリンクラーヘッドが

並んでるのだろう。

どうやら試験では標準型ヘッドのくだりでは

一般の防火対象物の耐火建築か

耐火建築以外のスプリンクラーヘッドの水平距離の区分、

耐火建築は2.3メートル以下、

耐火建築物以外は2.1メートルの水平距離で

ある部分が、大事みたいです。

耐火建築の方が緩和されているようです。

ちなみにスプリンクラーの種別が

開放型の場合の防火対象物が

舞台部の場合は水平距離は1.7メートルとなり、

これも半径が小さいですね。

余談ですが、資格テキストでは語彙、

グロッサリー、文言の一覧

インデックスページがないと

わからない語句からの検索が大変なので

さくいんのあるものがいいですね。

 

 

壁,天井からの離隔は30センチ

あんまり低いと誤作動おこすし、壁に近いとそもそも初期消火の

カバーする範囲としてNGでしょというところでしょうか。

下方向への離隔(保有空間)は0.45m

  • 易燃性の可燃物がなし0.45m
  • 易燃性の可燃物があり0.9m

となります。

取付面(天井の壁から)デフレクタまでは30センチ以内

 

デフレクタから下方45センチ以内中心から水平30センチ以内はものを置かない

引用URL

https://www.fdma.go.jp/laws/tutatsu/assets/080611yo115.pdf

小区画型ヘッドのデフレクター下方 0.45 メートル以内で、かつ、水平方向 0.3 メートル以内には、何も設けられ、又は置かれてい
ないこととされているが、放水した水が宿泊室等の周囲の壁面等の床面から天井面下 0.5 メートルまでの範囲を有効に濡らすことが必
要であることから、当該ヘッドのデフレクターから下方 0.45 メートル以内で、かつ、水平方向の壁面までの間の範囲には、何も設けられ
又は置かれていないこと。

関連記事となりますよろしければどうぞ!

スプリンクラーの31m規定は東京都だとどうなの?|一人勉強会|消防 スプリンクラーの設置する規定は いろいろあるけど31mとかもあるらしい もう意味わからない ...
給水管工事の資格は4つありますが役割を知っておくと◯ なんか水道管の工事で その親分の太い本管の水道管を 配水管と言って、 その枝わかれ...
消防の用に供する設備ってなに?消防設備士学習中のメモ 消防の用に供する設備といわれてもなんで そういう区分があるのかな という疑問にお...

 

サイト内検索できます
関連記事です